オーストラリア 携帯レンタルならトラトラ携帯♪

高額請求への注意と対処法

昨日の閲覧数: 187|先週の閲覧: 1227|先月の閲覧: 539|週別人気記事ランキングTOP50へ

オーストラリアの携帯やスマホから発生する高額請求に対する注意と対処法

日本とオーストラリアでは携帯プランや携帯の使い方が異なるため、知らないうちに高額な請求が発生することがあります。
以下に最も多い5つのケースをピックアップしました。
各ケースの対処法を理解し、高額請求が発生しないように注意しましょう。

1:オーストラリアのスマホやiPhoneにパケット放題プランはない!
2:オーストラリアの無線インターネットにパケット放題プランはない!【ポケットWiFi】
3:高額な海外ローミング料金に対する注意
4:オーストラリアから日本への長電話は注意
5:月の途中で現在の使用状況は見えない

1:パケット放題プランはない!【スマホ編】

1A:パケット放題プランはない!【スマホ編】

日本と違いオーストラリアのスマホやiPhone、ポケットWiFiにはパケット放題プランがありません!

月額に含まれるパケット要領を超えないように注意して下さい。

月額に含まれるパケット要領を超えると高額なパケット超過料金が発生します。通話やメールと違い、パケットは利用した記憶があまり残りません。
オーストラリアでは以下のことに注意してください。例えば、アプリが自動的にパケットを送受信していたり、
無料WiFiをつかっていると思っていてもWiFiにログインされていないためパケットに接続していたり、特にスカイプなどのアプリで長時間の通話をすると大容量のパケットを消費します。

スマホ対処法

■パケット要領を監視するアプリを使う■

スマホの場合:3gwatchdog

iPhoneの場合:Data usage monitor

月額に含まれるパケット要領を設定しておけば、今何%まで利用しているかを確認できる無料アプリです。

■スカイプなどの無料通話は大容量のパケットを必要とするので注意!■

オーストラリアでスカイプやバイバー、LINEなどで通話機能をつかうときは
WiFiに接続しましょう。スカイプなどのアプリを利用する通話は大容量のパケットを消費します。月額に含まれるパケットの超過原因となりますので注意が必要です。

■パケット機能をOFFにする■

オーストラリア滞在中は、パケット機能をはじめからOFFにしておけばパケット超過する心配もありません。
必要なときだけONにして利用することも可能です。
例えば、家ではWiFiが利用できる、外ではパケットを特に利用しない
でも道に迷ったときにパケットをONにしてグーグルマップを利用する。

パケット機能をOFFにする設定方法
スマホ:設定→ネットワーク→モバイルデータ通信をOFF
iPhone:設定→一般→モバイルデータ通信→モバイルデータ通信をOFF

■利用していないアプリは毎回ログアウト■

Facebookやスカイプ、LINE、ゲームなどのアプリは毎回ログアウトして自動送受信を防ぎましょう。
スマホの場合ホームボタンの長押しでタスクマネージャーが表示されます。
利用していないアプリをストップさせましょう。
iPhoneの場合ホームボタンをダブルタップすると起動中のアプリの一覧が表示されます。長押しして、起動中のアプリを削除しましょう!

2:オーストラリアの無線インターネットプランにパケット放題はない!【ポケットWiFi編】

2:パケット放題プランはない!【ポケットWiF編】

日本と違いオーストラリアのポケットWiFi(無線インターネット)にはパケット放題プランはありません

月額に含まれるパケット要領を超えないように注意しながら利用してください。

月額に含まれるパケット要領を超えるとパケット超過料金が発生します。オーストラリアでは要領を超えた時点でダウンロードがストップする機能がないため、要領を超えてもそのまま利用できます。
超過していることを知らずにそのまま使い続けないように注意しましょう。

ポケットWiFi対処法

■ポケットWiFiの場合■

使っていないときはポケットWiFiの電源をきりましょう。

ポケットWiFiのパスワードをシェアーメイトや友達に教えない。

ポケットWiFiはパスワードを入力しない限り接続できません。
しかし、一度パスワードを入力すると自動的にパソコンやスマホが検出してログインされます。一度友達に使わせてあげただけでも、その友達は自動的に毎回ログインすることが可能になります。
また、利用していないときポケットWiFiの電源を切ることでパソコンやスマホなどが自動アップロードしたり、データやメールをダウンロードしたりすることを防ぐことが可能です。オーストラリアでシェアーハウスに滞在する方など注意してください。

■オンラインで使用量をチェック!■

オーストラリアのポケットWiFiの場合、オンラインで使用量を確認することが可能です。
契約時に渡されるオンライン確認サイトのIDとパスワードを記入することで今どれだけ利用しているかをチェックできます。
頻繁に確認し、月額に含まれるダウンロード要領を超えないように注意してください。

パケットの使い過ぎ(パケット超過)を防ぐためのトラトラのとりくみ

パケット超過防止対策 パケット超過防止対策 パケット超過防止対策

2014年3月20日以降に新しい2GB/10GBのポケットWiFiプランをご契約されたユーザー様の皆様には、ここで紹介されているパケット超過防止サービスが無料で含まれています。2014年3月20日前にご契約された皆様には、新しい2GB/10GBプランへの変更をオススメします。

3:高額な海外ローミング料金に対する注意

2:高額な海外ローミング料金に対する注意

日本の携帯やスマホをオーストラリアなどの海外で利用すると高額な海外ローミング料金が発生します。
オーストラリアの携帯やスマホも同じで、オーストラリア以外の国で利用すると高額なローミング料金が発生します。
海外ローミング料金は月額に含まれる無料通話/SMS、パケットには含まれません。追加料金となります。

例えば、オーストラリアで契約した携帯をニュージランドや日本で利用した場合など。

海外ローミングには3つの種類があります。
1海外ローミング通話料金
海外で電話をかけたり受けたりした場合、着信にも高額な料金が発生しますので注意です。
2海外ローミングSMSメール料金
海外旅行中にショートメールの送受信を行うと高額なメール料金が発生します。海外で携帯の電源を入れたら、自動的にメール受信が行われますので注意が必要です。
3海外ローミングパケット料金
海外ローミングの中で一番高額なのが、「海外ローミングパケット料金」です。Eメールやインターネット、スカイプなどのアプリを海外で利用した場合に発生します。Eメール2、3通で3万円相当の高額な料金が発生しますので注意が必要です。

海外ローミング対処法

■海外では電源を切る、シムカードを取る■

オーストラリア以外の国では、携帯電話の電源を切る、または携帯の中のシムカードを取り出しておく。
シムカードを携帯から取り出せば、携帯が利用できないので携帯料金は発生しません。オーストラリアでレンタルした携帯/スマホ/iPhoneなどを日本で返却する場合、必ず中のシムカードを取り出してから電源を入れてください。

例えば携帯の電源を入れてアラームや電話帳などの機能を利用したいときは、シムカードを携帯から取り出して携帯の電源を入れる。

■機内モード(フライトモード)の設定をON■

スマホやiPhoneの場合、機内モード(フライトモード)の設定をONにして、WiFiのみ使う設定にしましょう。
機内モードがONでもWiFiへ接続することは可能です。
WiFiに接続できれば、スカイプやLINEなどを使うことができ、海外ローミング料金は発生しません。データローミングだけOFFにする設定もありますが、不安な方は機内モードにして海外ローミングを全てOFFにしたほうが安心です。

3:日本への長電話は注意

3:日本への長電話は注意

オーストラリアで契約した携帯から直接日本へ電話すると国際電話料金が発生します。
長時間電話した場合、国際電話は高額な料金が発生しますので、長電話は避けましょう。
例えば、夜日本に1時間×国際電話した場合、約8000円の携帯料金が発生します。
週2回のペースで続けた場合、1ヶ月の携帯代は約6万5000円となります。

日本への長電話対処法

■日本への電話はスカイプやLINEに任せる■

日本へ電話するときは、WiFi環境でスカイプの無料通話を利用する方法が一番オススメです。
スカイプはパソコンからでも使用できます。
スカイプで無料通話がしたいという理由で携帯からスマホやiPhoneへ乗り換えるワーホリ留学生はとても多いです。

4:オーストラリアでは月の途中で現在の使用状況は見えない

4:月の途中で現在の使用状況は見えない

日本と違い、オーストラリアでは月の途中に「今どれくらいの携帯料金が発生しているか」を確認することはできません。
毎月明細が出るまで、利用した料金はわかりません。
そのため、日本と同じくらいの頻度で携帯やスマホを利用していると月末に高額な料金が発生していることがあります。

現在の使用状況の対処法

■利用明細をしっかり確認しましょう■

オーストラリアに到着後はじめの1ヶ月や2ヶ月は利用明細を確認しましょう。
はじめは、携帯やスマホの利用を控えめにして、「これだけ利用すると、このくらいの料金が発生する」ことをしっかり理解しましょう。
日本と海外では、プランも利用方法も異なるため、はじめから日本と同じ勢いで利用しないように注意が必要です。